海外レポートから学ぶ!AIをビジネスにどのように組み込むべきか?

海外レポートから学ぶ!AIをビジネスにどのように組み込むべきか?

 近年AIはひとつのホットトピックとして、連日メディアで取り上げられています。AI関連のニュースをみない日のほうが珍しいといえるでしょう。しかし、ビジネスの現場において、実際のツールとしてAIはまだ馴染みのあるものとは言い難いのも事実でしょう。それではAIはどのように既存のビジネスのなかに組み込むべきなのでしょうか。
 今回は、日本よりもAIの取り組みが進んでいる米国の最新コラムや記事を参考に企業がAIを導入するさいの要点をまとめてみました。

AIは実際にはどのように使われるのか

 まず、企業において実際にAIはどのように使われるのが一般的なのでしょうか。「9 Ways AI Is Already Being Used in the Enterprise」(CMS WiRE 2020/04/14)では、おおよそ以下の9項目で一般的に利用されていると伝えています。

1. 情報の分類と整理
2. カスタマーサービスの向上
3. セキュリティとガバナンスの確保
4. プロセスとワークフローの自動化
5. AIを用いた人材採用、管理
6. 保険(データの集約/データ管理/結果を予測する/何千ものイベントを監視/レポートの自動化)の適切化
7. 顧客へのメッセージング
8. CRM(Customer Relationship Management)
9. プライバシーの保護


 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について