単語埋め込み(word embedding)

単語埋め込み(word embedding)

単語埋め込み(word embedding)とは、単語を数値ベクトル(数値で表現される配列)に変換する手法のことを指します。
この手法は、自然言語処理(NLP)の分野でよく用いられます。

単語埋め込みは、単語を数値ベクトルに変換することで、単語間の類似度や距離を計算することができるようになります。
これにより、自然言語を扱う際に、単語を数値データとして扱うことができるようになります。

単語埋め込みを行うには、単語を表す数値ベクトルを求めるためのモデルが必要です。
このモデルは、大量のテキストデータを入力として、単語を表す数値ベクトルを学習することで求めることができます。

単語埋め込みは、自然言語処理の分野で、文章の分類や意味推定、翻訳などさまざまなタスクに活用されています。
また、単語埋め込みを用いることで、自然言語を扱うタスクをより効率的かつ正確に行うことができるようになります。