AIに関する米国の秘密兵器:中国の才能、ほか【AI最新ニュース】

AIに関する米国の秘密兵器:中国の才能、ほか【AI最新ニュース】

AIに関する米国の秘密兵器:中国の才能

A U.S. Secret Weapon in A.I.: Chinese Talent
https://www.nytimes.com/2020/06/09/technology/china-ai-research-education.html
(NY times 2020/06/09)
・研究によりAIに関して中国で学士号を取得した学生のうち、半分以上がアメリカで修士号を取得し、そのままアメリカで定住、仕事についていることが明らかになった。
・現在のトップ研究者の学部出身国は、米国が約2割、中国が約3割と最も多勢を占めているが、その後の進路としての大学院や就職先で米国が半分以上になる実態があった。
・米中摩擦による留学の困難化に伴う中国人留学生の米国における減少に対して、米国内の中国人、米国人AI研究者双方からは懸念の声がでており、今後の両国におけるAIをめぐる勢力図におおきく影響を与える可能性がある。

IBMが顔認識市場から撤退を表明、「テクノロジーが差別と不平等を助長することを懸念」

https://gigazine.net/news/20200609-ibm-withdraw-facial-recognition/
(Gigazine 2020/06/09)
・IBMが2020年6月8日に「人種平等改革に関するIBM CEOの連邦議会への書簡」を発表した。
・そのなかで、顔認識が人種差別や監視、自由の侵害を助長することを危惧し、顔認識市場から撤退することを宣言した。
・ IBMの顔認識事業そのものは市場内で後手にたたされていたことから、直接的な影響はすくないものの、アメリカ政府が主要な顧客であるIBMがこのような決定を行ったということ自体に注目が集まっている。

AIが個人を蘇らせるとき

https://forbesjapan.com/articles/detail/35093
(Forbes JAPAN 2020/06/11)
・賛否はあったといえど美空ひばりがAIによって再現されたように、今後個人のデータを用いてAIによって故人を蘇らせるような取り組みが増えるのではないかと指摘している。
・その際、人間はおそらくAIの応答に故人を見出すようになるのではないかと想定している。
・「AIカウンセリング」実験から、人間がAIのなかに故人を見出せるようになることで、新たな人生観を会得していくのではないかと提起している。

CPUだけでリアルタイム群集計測を実現、東芝が従来比4倍性能の深層学習技術

https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/2006/12/news028.html#utm_term=share_sp
(MONOist 2020/06/12)
・東芝がCPU上でカメラ映像をリアルタイムに解析して人数や密集度合いを計測できる、ディープラーニングの技術を開発したと発表した。
・群衆計測に対応するための工夫がモデルにされており、既存のモデルに比べ、処理能力が約4倍に向上し、1秒間に3台程度のカメラ映像をリアルタイムに解析できる。
・CPUと同等程度以上の処理能力を有するものであれば、GPUやFPGA、AIアクセラレータなどでも動作する。